2011年07月03日

ザドキエル/あるがまま

大天使ザドキエルとのボトルワーク。
ペールオリーブグリーンとピンクの2トーンは、振ると淡いオリーブに輝く。

今まで使ってきたボトルたちは、思えばグリーンとピンクがベースにあったんだなと、今さらながらに気づいたよ。
最初のオールドソウルは、シェイクすると深いグリーンを見せてくれたし、ラブアンドライトは綺麗なローズピンクだった。
その間で付き添ってくれたボトルもそうだ。

そして今回の"今ここ"ボトルの、フェミニンリーダーシップは、上下どちらもオリーブというボトル。

なるほどなぁ、とひたすら感心。
右脳にあるアンテナは、左脳の常識を超えて私を導いてくれたのだ。
オリーブは、グリーンの成熟した先にある。
そのオリーブを受け入れるための、前回の旅だったのかもしれない。

せっかちな私は、飛び石で階段を登りたがるところがある。
しかし、それはいかんということだ。
積み上げたからこそ上がある。

つまり、どうってことなく思える目の前のことが、必ずどこかで必要になる。

だから、先のことに気をとられなくても大丈夫。
前に進めるのだ、進もうと動きさえすれば。


**************************************

今日は日曜日で、家族で近くにある池に出かけた。
おばあちゃんからバケツとスコップを借り、網を持って、水辺の生態系を観察しようと意気込んだ。
一番はりきっていた長男だったが、着いて早々スコップと網を池に落としてしまった。

うーん、やっちまったね。

池は案外深い上に、前日の雨で濁りも深い。
スコップと網は姿さえわからず、散々頑張ったけど、やっぱり帰ってこなかった。

仕方ないね、とそこを離れることにしたけど、これで終わりじゃあんまりだしな。
アイスを食べて、買い物を楽しんで帰ることにした。

そして、一日の終わりのさっきになって、布団の中で何かしくしく泣き声がする。

「失敗しちゃった・・・。おばあちゃんのスコップなのに、人のものなのに。」

えぇっ!!まだ気にしてたんかいっ!とびっくりするが、いやいや、待て。

長男は不正が嫌いだ。
平等、公平、話し合いで場をまとめ、正しいことを好む。
ゆえに何かを審判してしまう。
そして、今日はその審判の目が、自分に向けられたんだろう。
そういう人は自分を見る目が厳しい。大人でも、子どもでも。

そうだね、それは失敗しちゃったね。
でも、そういうことって失敗してわかることがあるからね。

あんまり悲しそうなので、傍でレイキをあてながら手を握ると、やっと眠りに着いた。



私にも身に覚えがあるよ。

人にとっては些細な失敗でも、自分にとってはなかなか抜けないトゲになること。
悔やんだってしょうがないけど、そんなことを起こした自分が許せないこと。
そうして、いつまでも自分を責めること。

だけど、その経験はどこかで必ず自分を助ける。
もっと大きいトゲにならないよう、守ってくれる。

みんな完璧にやれればいいような気がするけど、実はそうじゃないことがどこかでわかる。
完璧じゃないから、協力しあえることがわかる。

基本的にこの世の成り立ちはグレーだ。
白ばかりの人も、黒ばかりの人も、それはその人の側面にしかすぎない。
そして、それは自分もそうだし、あの人もそうだということ。

受け入れるというのは、諦めることじゃなくて、広がりを作るということ。


posted by roco at 22:12| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

実行→実現/ザドキエル

前々からやりたかったことに、自らアクションをとってみる。

私は本当に怠けるのが好きで、未来を夢見る割にはなかな行動を起こさない。
だけど、今日は勇気を出して切り出してみた。
今日という日は、残りの人生の最初の一日なのだ。

これが朗報に繋がるまで、ひたすら動くのみ。

**********************************

今回のワークボトル、ザドキエル

B099.jpg

ホントならお店に取りに伺うところ、私の都合のせいでmichiさんが会社の近くまで届けてくれた。
この暑い中、距離のある待ち合わせ場所にくるのは結構キツイはずなんだけどね。
有難いなぁ。

ドトールで、スパイシーなお茶を飲みながら、しばし会話を楽しむ。

michiさんは、そのふんわりした容貌からは想像できないほど、ハードな道のりを歩いてきた方だ。
そして、遂に夢を実現しちゃった人でもある。

だから、些細な言葉でもmichiさんが放つ言葉で私のモチベーションは上がる。
知ってるだけに、もうめちゃくちゃ上がる。

やっぱり動いた人が得られるんだよね。
それは目に見えることだけでなく、全てにおいてそうだ。



ところで、今回のザドキエル。

ペールグリーンと、下層にあるピンクはペールマゼンタとも言われる。
自己受容をサポートし、新しい一歩を踏み出すためのボトル。

また新しい一歩とか言って!

説明文はいつも通り、広義に渡りピンと来ない。
即物的な世界に生きる私には、スピリチュアルすぎるよ。

でも、きっとまた終わった時には何かが残ってるだろうし、あぁそういうこと、と腑に落ちるんだろう。
それに出会いたいからこそのワークだったりする。

posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

パンプキンキャラメル/アサミスト

あの灰色ムードはどこにいったのか、今日は照りつける晴天。
傘は必要なかったね。
今日も仕事は台風のように忙しかった。

帰りに、母からジェラートをご馳走になった。
パンプキンキャラメル。かぼちゃの柔らかい甘味が、疲れた脳に沁みる。

屋根の下で涼みながら、アイスを食べつつお互いのことを話す。
仕事のこと、生活のこと、それにまつわる雑多なこと。

日差しは暑いし、仕事も忙しいけど、だからこそ何てことない会話とジェラートがこんなにも貴重で美味しい。
ちょっとしたストレスは、他愛無い日常をかえって鮮やかにすると思う。


*****************************


先日借りてきた内田康夫のミステリー作品を読む。
浅見光彦シリーズは、忙しい時にちょうど良い。
テレビを観る習慣の無い私にとって、このくらいのミステリーは上手い具合にリラックスできて良い具合だ。

今回も別にどうっていうトリックは無かった。
というか、光彦シリーズに巧妙なトリックや鬼気迫る緊迫感はあまり無い。

でもそれがいい。

旅情と適度なサスペンス。
他のことで手一杯の時に、密度の濃いサスペンスを見せられても頭に入んないのだ。

あぁ、今日も幸せだったし、明日もきっと幸せだと思う。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

にわかカウンセリング。

昨日妹から電話がかかってきた。
色んな話をするんだけど、結局いつもテーマが仕事のことになってる。
お互いそこに注目することが多いから、何の話をしても結局着地点がそこになってしまう。

日本人だよねぇ。(笑)

でも、1つのことを一生懸命やると、案外色んなところへの気づきがリンクしてまた面白い。
かなり開放的に会話してるせいか、思いもよらぬアイデアや理解のきっかけが無意識にも飛び出す。

頭だけでいくら考えても迷宮入りすることが、人と対話することで不思議と生まれる。
やっぱ心と身体ってバランスをとって生きてるんだなー。
口と頭を動かすことで生まれるギフトだな。

今日でた結論は「ひとつのことを継続する」ということ。

お互い頑張りましょうね、未来に向かって。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妹たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

アマデウス

図書館で、DVDが借りれるというのを最近になって知った。

これは大変ありがたい。

おかげで、今までレンタルに躊躇してた作品も鑑賞できる。
案外、こういうとこに良い出逢いがあったりする。
自分の物差しなんて、思ってるより当てにならないことが多い。

そして借りてきた「アマデウス」。

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray] / F・マーリー・エイブラハム, トム・ハルス, エリザベス・ベリッジ (出演); ミロス・フォアマン (監督)


下品、怠惰、およそ社会人として破綻したモーツァルト。
そんな彼を、作曲家としての嫉妬心から見つめ続けてしまう、優等生サリエリの葛藤。
残酷がゆえに、ドラマチックなお話である。

わりと無情感の漂う本編を、素晴らしい音楽と美しい映像が華やかに彩っていて、見応えのある3時間だった。
大変満足。

これと一緒に「パッチギ!」も借りた。
爽快だし、青春を凝縮したような映画だったけど、私には合わなかったな。残念。

ただ、それでもいいのだ。
イマイチだろうが何だろうが、観て、体験するってことがいいんだ。

posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

思わぬ落とし穴

土曜日くらいから急に喉が荒れ出した。
思いっきりおかまちゃん声になってしまい、会社の方々に笑われるわ心配されるわで恥ずかしい。
しかも、職場がすこぶる忙しい真っ只中にこんなことになってしまうとは・・・。
反省。

元々喉が弱いのか、痛みも無ければ風邪でもないのに、なぜか声だけが出なくなることが2年に1回くらいの割合で起きる。
しかも大事な時に限って。
ええ、ほんとに大事な時に限って。

不養生を思い当たる節はないが、仕事上で喉の管理はかなり重要。
原因追求も大事だけど、とりあえずはひたすら治すことに専念しよう。

副産物といえば、タバコを吸ってないのでお金も減らないこと・・・。


けどやっぱ、思いっきり仕事したいなぁ。
健康って、忘れた頃にその貴重さを思いなおすね。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

赤塚不二夫展

母に誘われ、不二夫先生の展覧会へ足を運ぶ。


1106_pi_akatsuka.jpg

展覧はいまいちだったが、展示された作品たちは大変、大変良かった。

あぁ、抜群に安定感のある絵!
緻密さのある線、細部まで描かれた背景。美しい彩色。

本当に、ひとコマひとコマにきっちり詰まってる・・・。
どうしてこの時代の漫画家の人たちはこんなにも真剣に漫画を描けるのだろう。


話は変わって、

もともと私はこの方の漫画が好きかというと、そういうわけでもありません。
どっちかっていうとあまり良い印象はない。

大体、ストーリーの無い漫画なんて、当時の私にはどう捉えていいものか当惑ものだった。
オチもない、教訓もない、心温まるものもない。
毎回毎回「で?」っていう話を何年も続けられるのはなぜ、というそんな印象しかない。
たぶんそれだけ「楽しむ」という感覚の鈍っていた少女時代・・・。(笑)

でも、毎回その「で?」っていうことをひたすら続けてこられた方なのね。
そしてその素晴らしさを証明してきたんですね。
それって「有り」だってことを。


先日、「太郎の塔」を観た時にも感じたんだけど、周りで言われる常識とか普通とかを吹っ飛ばして「自分」っていうモチーフだけにひたすらベクトルを向けている、それって何てすごいことだろう。
ほんっとにベタだけど「これでいいのだ」って自分で自分にOK出して、その繰り返し。
んで、最後には太陽の塔ができたり、うなぎイヌが生まれたりしちゃうんですね。

んー、ファンタスティック。
自分を愛せるって素晴らしい。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

第二回 コンサルテーション/クラウンレスキュー完了

あれから4ヶ月半たって、2回目のコンサルを受ける。
前回と同じ、やっぱりいざ選びだすと目に入ってくるボトルが予想と違う・・・。
うーん、なぜ。

今回選んだのはグレーテルと、ザドキエルと、フェミニン リーダーシップと、サンダルフォン

コーラルに引きつけられていることはなんとなくわかってたけど、対になってるのがオリーブグリーンだったことは自分でも意外だった。
予想ではヘンゼルを選ぶところだったのに。
相変わらず、静止画と生身のボトルでは入ってくる情報が全然違う。

コンサルの結果だと"今ここ"にオリーブグリーンを選択できたことは「受容性がでてきている」顕れらしい。
実感はまだ湧かないけど、大体の話が自分で自覚している「自分の範囲」なんてたかが知れてる。

オーラソーマをしているとあぶり絵を思い出す。
ただ、ボトルを4本選んだだけで浮き出てくるこれからの道筋と自分が、すごく楽しい。


***************************

クラウンレスキューが、ほぼ同時期に無くなる。
最初と違って、せっせと塗るというより淡々とボトルワークしてくれる相手だった。

すごく何かあったとか、強烈な印象は特にない。
けど、やっぱり護ってくれてたんだなぁって自然と感謝できるボトルだった。


posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

博士の愛した数式

例えば、自分の"今"が不本意だったり、理想と違うことで「未来」に思いを馳せる時がある。
自分の日常を「つまらない毎日」と捉え、手に取れない「いつか」の方に期待を寄せる。

わからなくもないけど、やっぱり旬である"今"を土台にその延長が生まれるわけで。

そんなことをしてるうちに、思った以上の時間が過ぎていることの方が、たぶん多いんじゃないかなぁ。
そして、そんなのってもったいないなぁと最近しみじみ思う。


***************************

博士の愛した数式 [DVD] / 寺尾聰, 小川洋子, 小泉堯史, 深津絵里, 齋藤隆成 (出演)

博士の愛した数式という小説は随分前に読んだけど、記憶の経過でディティールまでは覚えておらず。
そのおかげか、かえってすんなり鑑賞できた。

80分しか記憶を維持できない博士に、未来はあまり効力がない。
当然、過去って括りもほとんど意味をもたない。
博士の一日はいつも、事故を起こしたことと、後遺症が残ってることを知らされるメモからの始まりになる。
それはかなり厳しいスタートだと思う。

ところが、博士も博士と一緒に過ごす人も、かなり素敵な時間を過ごしている。
「いつか」が無くても作れる、かけがえのない80分。



***********************************



全然話が変わるけど、夢をもって努力するとか、邁進するってほんとーに素敵なことだと思う。
そのために今の厳しさを充実に変えたり、かえって輝かせることができるなんて、それだけで魔法だ。

だけどその魔法はくすんだ「今」を言い訳にするための魔法では決してないのよね。
似てるようで違う。

いつも、人は生きてるその時でフィルムを回してるし、どんな場面を捉えたかってことにその人の個性が出る。
けどいざ映した時に、もしもレンズが曇っていたら、きっと見えないことがある。
与えられてるのに気づかなかった、なんてことも。

博士にはフィルムの貯蔵庫は無い。
だけどとびきりのレンズをお持ちなので、80分はどこを切り取っても最高の瞬間を映していた。






posted by roco at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

初めての旅の終わりとその始まり。

ラブアンドライト終了後、コンサルをしてくれてる方のところへ新しいボトルをいただきに行った。

私はホントこの方の場所が大好きでついつい長居をしてしまうのだけど、今日も図々しくお邪魔させてもらった。
「はい、どうぞ」と渡された1本目のボトル。

今回はB078の クラウンレスキューオーラソーマ イクイリブリアムボトル B78 50ml  クラウンレスキュー

私はせっかちな性分のため、始める前に必ずそのボトルの概要を確認するのだけど今回やたらと目に入ったのは「移行」と「変容」の二文字と、「悲しみを癒す」のキーワード。

・・・またあのジェレミエルみたいなもがきを味わうのかよーとちょっとげんなりしてたんだけど、手に取ったボトルは全くそんなキツさを感じさせなかった。
むしろ穏やかに静かにただそこに佇む存在感のみが印象的。色味はこっちの方が強烈なのにね。不思議だなぁ。


**********************

とりあえずボトルはボトルでいただき、後はひたすらお喋りをしてデトックスしていく。
今さらながら思うんだけど、自分の気づきやこれからのことをこんなにひたすら話す時間ってただただ貴重だなぁと思う。
もちろん他所で起きる会話だって、色々共有したり共感するから当然ドラマは生まれるんだけどこちらはとにかくテーマが「自分」。
何の話しをしてたって結局「自分」に焦点を合わせてシェアしていくから、毎回持ち帰るギフトの量が半端じゃないのだ。

そんなこんなで楽しくお話をしていた中盤頃、飲んでいたコーヒーに突然ハートの模様が浮かび上がる。
2人して驚きながら笑ったんだけど、たぶん私の見てないところできっと魔法でもかけたんじゃないかな。

本当にありがとうございます。


***********************

追伸。

オラクルカードに出たあの言葉は、この日の夜、見事な形で私の目の前に現れ、助けてくれました。
ここでも不思議な魔法をありがとうございます。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。