2011年05月30日

博士の愛した数式

例えば、自分の"今"が不本意だったり、理想と違うことで「未来」に思いを馳せる時がある。
自分の日常を「つまらない毎日」と捉え、手に取れない「いつか」の方に期待を寄せる。

わからなくもないけど、やっぱり旬である"今"を土台にその延長が生まれるわけで。

そんなことをしてるうちに、思った以上の時間が過ぎていることの方が、たぶん多いんじゃないかなぁ。
そして、そんなのってもったいないなぁと最近しみじみ思う。


***************************

博士の愛した数式 [DVD] / 寺尾聰, 小川洋子, 小泉堯史, 深津絵里, 齋藤隆成 (出演)

博士の愛した数式という小説は随分前に読んだけど、記憶の経過でディティールまでは覚えておらず。
そのおかげか、かえってすんなり鑑賞できた。

80分しか記憶を維持できない博士に、未来はあまり効力がない。
当然、過去って括りもほとんど意味をもたない。
博士の一日はいつも、事故を起こしたことと、後遺症が残ってることを知らされるメモからの始まりになる。
それはかなり厳しいスタートだと思う。

ところが、博士も博士と一緒に過ごす人も、かなり素敵な時間を過ごしている。
「いつか」が無くても作れる、かけがえのない80分。



***********************************



全然話が変わるけど、夢をもって努力するとか、邁進するってほんとーに素敵なことだと思う。
そのために今の厳しさを充実に変えたり、かえって輝かせることができるなんて、それだけで魔法だ。

だけどその魔法はくすんだ「今」を言い訳にするための魔法では決してないのよね。
似てるようで違う。

いつも、人は生きてるその時でフィルムを回してるし、どんな場面を捉えたかってことにその人の個性が出る。
けどいざ映した時に、もしもレンズが曇っていたら、きっと見えないことがある。
与えられてるのに気づかなかった、なんてことも。

博士にはフィルムの貯蔵庫は無い。
だけどとびきりのレンズをお持ちなので、80分はどこを切り取っても最高の瞬間を映していた。






posted by roco at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

初めての旅の終わりとその始まり。

ラブアンドライト終了後、コンサルをしてくれてる方のところへ新しいボトルをいただきに行った。

私はホントこの方の場所が大好きでついつい長居をしてしまうのだけど、今日も図々しくお邪魔させてもらった。
「はい、どうぞ」と渡された1本目のボトル。

今回はB078の クラウンレスキューオーラソーマ イクイリブリアムボトル B78 50ml  クラウンレスキュー

私はせっかちな性分のため、始める前に必ずそのボトルの概要を確認するのだけど今回やたらと目に入ったのは「移行」と「変容」の二文字と、「悲しみを癒す」のキーワード。

・・・またあのジェレミエルみたいなもがきを味わうのかよーとちょっとげんなりしてたんだけど、手に取ったボトルは全くそんなキツさを感じさせなかった。
むしろ穏やかに静かにただそこに佇む存在感のみが印象的。色味はこっちの方が強烈なのにね。不思議だなぁ。


**********************

とりあえずボトルはボトルでいただき、後はひたすらお喋りをしてデトックスしていく。
今さらながら思うんだけど、自分の気づきやこれからのことをこんなにひたすら話す時間ってただただ貴重だなぁと思う。
もちろん他所で起きる会話だって、色々共有したり共感するから当然ドラマは生まれるんだけどこちらはとにかくテーマが「自分」。
何の話しをしてたって結局「自分」に焦点を合わせてシェアしていくから、毎回持ち帰るギフトの量が半端じゃないのだ。

そんなこんなで楽しくお話をしていた中盤頃、飲んでいたコーヒーに突然ハートの模様が浮かび上がる。
2人して驚きながら笑ったんだけど、たぶん私の見てないところできっと魔法でもかけたんじゃないかな。

本当にありがとうございます。


***********************

追伸。

オラクルカードに出たあの言葉は、この日の夜、見事な形で私の目の前に現れ、助けてくれました。
ここでも不思議な魔法をありがとうございます。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

愛と光の旅、終了/手放すヨロコビ

今思えば、まさに絶妙なタイミングで現れた「ラブアンドライト」のボトルだったけど、考えてみればこれをあの日コンサルで選んだのは私だったりする。

当然、「今 ここ」な状況があの日の私に予想できてたとか、そんなサイキックな能力はあるわけもなく・・・。
でもわかってたことのように選択して、自分でワークしたってところに神秘があるんだよねぇ。

もがきにもがいたオリーブグリーンの後、清涼さを味わった私を迎えてくれたのはこのボトルであった。

ええ、大変暖かく受け止めて頂きました。(笑)
感謝です。

*****************

お友達からこんな本を借りた。

新・片づけ術「断捨離」 [単行本] / やました ひでこ (著); マガジンハウス (刊)

片付けという行為を通して、モノと自分の関係性をあらいだしていくための指南書。
最終的には「モノ」だけでなく、自分の身の回りにある出来事や人間関係も取捨選択できる自分になっていくっていうのが目標らしい。

とりあえず、ざっと読んだだけでモチベーションがあがったので取り組んでみたんだけど、
思った以上のガラクタ所持者な自分に驚き。
整理したつもりだったけど、ホント1年も使ってないモノなんて山のようにあったよ。
やり始めると楽しくて、結局清掃センターを2往復してしまったわ。
たぶんこれ一週間は自分のブームになること確信。

そして気づいてしまった。
おそらくだけど、私の場合断捨離が必要なのはたぶん家の中だけではないんじゃないだろーか。自分では「考え事」とおもってるその半分以上が、いざ広げたらほとんどガラクタなんじゃないかな。

ガラクタっていってもfunnyな方じゃなくてね。そんならいいけど、全然笑えないうえに落ち込むとか、そんなヤツはやっぱ思い返してもムダなわけで。

そういうのも取捨選択していけるようになりたいっすね。
 
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

B22 ラブアンドライト/

もしかして、と思いつつ使い始めたラブアンドライトも想像通りやっぱり濁った。
しかもひどく、上層だけ。

不思議なのは妹にちょっと蓋を開けて香りを嗅いで貰ったところ、もとのクリアな色に戻ったこと。(当然私が使ったらまた濁った。)

私のエネルギーって濁ってんの?と思いつつ、ジェレミエルの時ほどショックも悲しくも無い。
だってこういうもんなんでしょ、って受け入れつつあるところ。

*****************

この日はひっさしぶりのお買い物デーで、もうかなり散財しまくった。
山のように服を持ってきては次々と試着、試着、試着。
生きててたぶん初めてじゃないかしら、こんなに試着したの。
パンツもジャケットも手に入れて嬉しいは嬉しいけど、買い物ってお金の流れがダイレクトにわかるからすっごくエネルギー使うんだよね。(笑)

黄金のエネルギーはシンプルで力強い。
本当にわかりやすくて、単純な力を持っていることを最近あらためて実感する。

こんなずぼらな私でも、何年か前に家計簿をつけていた時期がった。
もう必死になって、毎日帳簿と睨めっこ。
隅々まで管理したくてそれなりに頑張ったけど、なんだか全然楽しくないし、やたら疲れるのでやめた。

第一、収支が気になって気になって。
お金を使っても全然気持ち良くないうえに効果が出ない。意味無い。


結局、「お金は大事に使えばよい」と割り切って、最初の収入は必ず貯金するというシンプルな方法に切り替えたんだけど、これが案外上手くいった。
人にはそれぞれ向き不向きがあるのだ。
貯金は増えれば楽しいし、必要なお金は感謝して払えば良いのだ。

それに不思議とこの方法だと足りなくなるといったことが無い。
なぜか必ず間に合う。

理屈に合ってないようで、自分の理屈にはあっている。
その法則は、やっぱり四苦八苦してつけた家計簿の時期があったからこそ、だったりする。

無駄なようでやっぱり全部無駄じゃない。


posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。