2011年07月03日

ザドキエル/あるがまま

大天使ザドキエルとのボトルワーク。
ペールオリーブグリーンとピンクの2トーンは、振ると淡いオリーブに輝く。

今まで使ってきたボトルたちは、思えばグリーンとピンクがベースにあったんだなと、今さらながらに気づいたよ。
最初のオールドソウルは、シェイクすると深いグリーンを見せてくれたし、ラブアンドライトは綺麗なローズピンクだった。
その間で付き添ってくれたボトルもそうだ。

そして今回の"今ここ"ボトルの、フェミニンリーダーシップは、上下どちらもオリーブというボトル。

なるほどなぁ、とひたすら感心。
右脳にあるアンテナは、左脳の常識を超えて私を導いてくれたのだ。
オリーブは、グリーンの成熟した先にある。
そのオリーブを受け入れるための、前回の旅だったのかもしれない。

せっかちな私は、飛び石で階段を登りたがるところがある。
しかし、それはいかんということだ。
積み上げたからこそ上がある。

つまり、どうってことなく思える目の前のことが、必ずどこかで必要になる。

だから、先のことに気をとられなくても大丈夫。
前に進めるのだ、進もうと動きさえすれば。


**************************************

今日は日曜日で、家族で近くにある池に出かけた。
おばあちゃんからバケツとスコップを借り、網を持って、水辺の生態系を観察しようと意気込んだ。
一番はりきっていた長男だったが、着いて早々スコップと網を池に落としてしまった。

うーん、やっちまったね。

池は案外深い上に、前日の雨で濁りも深い。
スコップと網は姿さえわからず、散々頑張ったけど、やっぱり帰ってこなかった。

仕方ないね、とそこを離れることにしたけど、これで終わりじゃあんまりだしな。
アイスを食べて、買い物を楽しんで帰ることにした。

そして、一日の終わりのさっきになって、布団の中で何かしくしく泣き声がする。

「失敗しちゃった・・・。おばあちゃんのスコップなのに、人のものなのに。」

えぇっ!!まだ気にしてたんかいっ!とびっくりするが、いやいや、待て。

長男は不正が嫌いだ。
平等、公平、話し合いで場をまとめ、正しいことを好む。
ゆえに何かを審判してしまう。
そして、今日はその審判の目が、自分に向けられたんだろう。
そういう人は自分を見る目が厳しい。大人でも、子どもでも。

そうだね、それは失敗しちゃったね。
でも、そういうことって失敗してわかることがあるからね。

あんまり悲しそうなので、傍でレイキをあてながら手を握ると、やっと眠りに着いた。



私にも身に覚えがあるよ。

人にとっては些細な失敗でも、自分にとってはなかなか抜けないトゲになること。
悔やんだってしょうがないけど、そんなことを起こした自分が許せないこと。
そうして、いつまでも自分を責めること。

だけど、その経験はどこかで必ず自分を助ける。
もっと大きいトゲにならないよう、守ってくれる。

みんな完璧にやれればいいような気がするけど、実はそうじゃないことがどこかでわかる。
完璧じゃないから、協力しあえることがわかる。

基本的にこの世の成り立ちはグレーだ。
白ばかりの人も、黒ばかりの人も、それはその人の側面にしかすぎない。
そして、それは自分もそうだし、あの人もそうだということ。

受け入れるというのは、諦めることじゃなくて、広がりを作るということ。


posted by roco at 22:12| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

実行→実現/ザドキエル

前々からやりたかったことに、自らアクションをとってみる。

私は本当に怠けるのが好きで、未来を夢見る割にはなかな行動を起こさない。
だけど、今日は勇気を出して切り出してみた。
今日という日は、残りの人生の最初の一日なのだ。

これが朗報に繋がるまで、ひたすら動くのみ。

**********************************

今回のワークボトル、ザドキエル

B099.jpg

ホントならお店に取りに伺うところ、私の都合のせいでmichiさんが会社の近くまで届けてくれた。
この暑い中、距離のある待ち合わせ場所にくるのは結構キツイはずなんだけどね。
有難いなぁ。

ドトールで、スパイシーなお茶を飲みながら、しばし会話を楽しむ。

michiさんは、そのふんわりした容貌からは想像できないほど、ハードな道のりを歩いてきた方だ。
そして、遂に夢を実現しちゃった人でもある。

だから、些細な言葉でもmichiさんが放つ言葉で私のモチベーションは上がる。
知ってるだけに、もうめちゃくちゃ上がる。

やっぱり動いた人が得られるんだよね。
それは目に見えることだけでなく、全てにおいてそうだ。



ところで、今回のザドキエル。

ペールグリーンと、下層にあるピンクはペールマゼンタとも言われる。
自己受容をサポートし、新しい一歩を踏み出すためのボトル。

また新しい一歩とか言って!

説明文はいつも通り、広義に渡りピンと来ない。
即物的な世界に生きる私には、スピリチュアルすぎるよ。

でも、きっとまた終わった時には何かが残ってるだろうし、あぁそういうこと、と腑に落ちるんだろう。
それに出会いたいからこそのワークだったりする。

posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

パンプキンキャラメル/アサミスト

あの灰色ムードはどこにいったのか、今日は照りつける晴天。
傘は必要なかったね。
今日も仕事は台風のように忙しかった。

帰りに、母からジェラートをご馳走になった。
パンプキンキャラメル。かぼちゃの柔らかい甘味が、疲れた脳に沁みる。

屋根の下で涼みながら、アイスを食べつつお互いのことを話す。
仕事のこと、生活のこと、それにまつわる雑多なこと。

日差しは暑いし、仕事も忙しいけど、だからこそ何てことない会話とジェラートがこんなにも貴重で美味しい。
ちょっとしたストレスは、他愛無い日常をかえって鮮やかにすると思う。


*****************************


先日借りてきた内田康夫のミステリー作品を読む。
浅見光彦シリーズは、忙しい時にちょうど良い。
テレビを観る習慣の無い私にとって、このくらいのミステリーは上手い具合にリラックスできて良い具合だ。

今回も別にどうっていうトリックは無かった。
というか、光彦シリーズに巧妙なトリックや鬼気迫る緊迫感はあまり無い。

でもそれがいい。

旅情と適度なサスペンス。
他のことで手一杯の時に、密度の濃いサスペンスを見せられても頭に入んないのだ。

あぁ、今日も幸せだったし、明日もきっと幸せだと思う。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。