2011年05月17日

愛と光の旅、終了/手放すヨロコビ

今思えば、まさに絶妙なタイミングで現れた「ラブアンドライト」のボトルだったけど、考えてみればこれをあの日コンサルで選んだのは私だったりする。

当然、「今 ここ」な状況があの日の私に予想できてたとか、そんなサイキックな能力はあるわけもなく・・・。
でもわかってたことのように選択して、自分でワークしたってところに神秘があるんだよねぇ。

もがきにもがいたオリーブグリーンの後、清涼さを味わった私を迎えてくれたのはこのボトルであった。

ええ、大変暖かく受け止めて頂きました。(笑)
感謝です。

*****************

お友達からこんな本を借りた。

新・片づけ術「断捨離」 [単行本] / やました ひでこ (著); マガジンハウス (刊)

片付けという行為を通して、モノと自分の関係性をあらいだしていくための指南書。
最終的には「モノ」だけでなく、自分の身の回りにある出来事や人間関係も取捨選択できる自分になっていくっていうのが目標らしい。

とりあえず、ざっと読んだだけでモチベーションがあがったので取り組んでみたんだけど、
思った以上のガラクタ所持者な自分に驚き。
整理したつもりだったけど、ホント1年も使ってないモノなんて山のようにあったよ。
やり始めると楽しくて、結局清掃センターを2往復してしまったわ。
たぶんこれ一週間は自分のブームになること確信。

そして気づいてしまった。
おそらくだけど、私の場合断捨離が必要なのはたぶん家の中だけではないんじゃないだろーか。自分では「考え事」とおもってるその半分以上が、いざ広げたらほとんどガラクタなんじゃないかな。

ガラクタっていってもfunnyな方じゃなくてね。そんならいいけど、全然笑えないうえに落ち込むとか、そんなヤツはやっぱ思い返してもムダなわけで。

そういうのも取捨選択していけるようになりたいっすね。
 
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

B22 ラブアンドライト/

もしかして、と思いつつ使い始めたラブアンドライトも想像通りやっぱり濁った。
しかもひどく、上層だけ。

不思議なのは妹にちょっと蓋を開けて香りを嗅いで貰ったところ、もとのクリアな色に戻ったこと。(当然私が使ったらまた濁った。)

私のエネルギーって濁ってんの?と思いつつ、ジェレミエルの時ほどショックも悲しくも無い。
だってこういうもんなんでしょ、って受け入れつつあるところ。

*****************

この日はひっさしぶりのお買い物デーで、もうかなり散財しまくった。
山のように服を持ってきては次々と試着、試着、試着。
生きててたぶん初めてじゃないかしら、こんなに試着したの。
パンツもジャケットも手に入れて嬉しいは嬉しいけど、買い物ってお金の流れがダイレクトにわかるからすっごくエネルギー使うんだよね。(笑)

黄金のエネルギーはシンプルで力強い。
本当にわかりやすくて、単純な力を持っていることを最近あらためて実感する。

こんなずぼらな私でも、何年か前に家計簿をつけていた時期がった。
もう必死になって、毎日帳簿と睨めっこ。
隅々まで管理したくてそれなりに頑張ったけど、なんだか全然楽しくないし、やたら疲れるのでやめた。

第一、収支が気になって気になって。
お金を使っても全然気持ち良くないうえに効果が出ない。意味無い。


結局、「お金は大事に使えばよい」と割り切って、最初の収入は必ず貯金するというシンプルな方法に切り替えたんだけど、これが案外上手くいった。
人にはそれぞれ向き不向きがあるのだ。
貯金は増えれば楽しいし、必要なお金は感謝して払えば良いのだ。

それに不思議とこの方法だと足りなくなるといったことが無い。
なぜか必ず間に合う。

理屈に合ってないようで、自分の理屈にはあっている。
その法則は、やっぱり四苦八苦してつけた家計簿の時期があったからこそ、だったりする。

無駄なようでやっぱり全部無駄じゃない。


posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

オリーブグリーンの恵み

ジェレミエルとのボトルワーク、終了。

「変容」をサポートしてくれるというこのボトル、コンサルで選んだ当初言われたのが「新しい自分へ変化する時に選ぶボトル」ということだった。

私は何事も形から入るのが好きで、このボトルが届いた時はそれは熱心にボトルの説明書きを読んだ。
けど、オーラソーマの説明ってのはかなり抽象的で、いつも私にはよく理解できない。

なにはともあれ、「新しい自分」ってのはすごく新鮮だし何だか無条件に期待してしまう。
どうしてこういう時って良い方の変化ばっかり想像しちゃうのかわかんないけど、ただただその「新しい自分」になるのが楽しみだった。

でもでも、ほんとーに当り前なことなんだけど、その「新しい自分」へ移るために動くのはやっぱり自分なんだよね。
そしてこれも当然のごとく、変化するという行為はちょっと大変なのだ。

ボトル中期の頃はほんときつかったなぁー。
恐れ(イエロー)と苦々しさ(グリーン)。

殆んど、もがきに近い状態でそこに溺れてたけど、突き抜けた時の清涼感はかなり爽快なものだった。


*******************


ラブアンドライトまでのインターバルは一週間。
せっかちな私としてはさっさと次へ進みたいところだけど、この小休止がやっぱり大事なことらしい。
そして、今あらためてジェレミエルの説明を読んで、相変わらず抽象的だなぁーと思いつつ、振り返って気づけることってやっぱり少なくない。




posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

ショック

もう32回目の誕生日。
朝からメールでお祝いの言葉をいただく。素直に嬉しい。
可愛い絵文字、直接お電話くれた人もいてホント幸せ。so happyだよ。

もうね、プレゼントとかそんなのの前に、「みんなが覚えててくれた!」ってのが飛び上がるほど嬉しいんです(笑)
えーん、ありがとー。

**********************

夜、ジェレミエルとの初ワーク。
誕生日の日にスタートなんて何か運命っぽくて気分もあがるー。

ところがところが。
たった一日にして私のジェレミエル、ものっすごく濁ってしまった。

ガーンッッ!!!なぜにー??

あの綺麗なターコイズブルーが、オリーブグリーンが。
透き通っててとっても綺麗だったのに、いきなりもやもやカラーになっちまった・・・。

20110406194714.jpg
(こんな感じ。)

20110401210530.jpg
(元はこうだった。)


これも私のせい?なんだよね。
写真だとあんまわかんないけど、実物はもっとミストがかったくらいのもやもやぶり・・・。

ショックのあまりネットで調べまくったけど、出てくる言葉は「ボトルが濁ったときはあなたのエネルギーを受け止めたということ」みたいなことばっかり。
結局元に戻せる方法は無いらしい。


むー。


しばらくはこのもやもやボトルとのワークが続く・・・。

悲しくてストレスがたまりそうです。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

たぶんどこにでもあったもの

ボトルワークを始めて数週間してから、ささやかなんだけど気づくようになったこと。
それは、ほんとーにささやかなんだけれど例えて言うなら「空気の流れ」みたいなもの。

例えば、掃除のあとのあの爽やかさ。


「そんなの当たり前だろ!!」って言われそーだけど、違うの(笑)
そういうことじゃないのよ(笑)

視覚だけの効果以上に、なんかあるのよ。
これがいわゆる浄化ってやつですか?


特に強烈に実感したのはやっぱ弥彦神社に行ったとき。

お弥彦様はただでさえ厳かな土地ですからね、あのテリトリーに入った途端にきらきらの木漏れ日に癒されちゃう。

けどそれ以上に鳥居をくぐって境内に入った時はすごかった。

ふっと足元から何かが突き抜ける感じがしたのだ。
それも瞬間、すごい速さで。
すごく強いわけじゃないんだけど、瞬く間に何かが自分の中から抜けていったあの感覚。
あれはもういっかい味わいたいな。

お弥彦様は何回も行ってるけど、あんな感じになったのは初めてだった。
きっといつでもできることじゃないんだよね。
波長があってはじめて得られるものなのかも。

たぶん、そういった「空間のエネルギー」ってずっと前からそこにあったものなんだろう。
私が気づけなかっただけで。
それが少しわかるようになったことが嬉しいし、なにより今度はもっとそういうことを自分のスペースに活かせていけたらいいな、と思う。




そうそう、そういえばここも私のパワースポットです。

posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づいたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

B108 大天使ジェレミエル

ひと月かけて使い切ったオールドソウルとのワークが終わって、次は3本目。

B108.jpg

大天使ジェレミエル。
これ、去年の12月14日に誕生したばかりとのこと。

実は初コンサルに行く前、私が写真を眺めてた時に気になっていたのは大天使ミカエルの方だった。
カラーカテゴリ的には同じ感じ?だけどジェレミエルの方がトーンが強め。
ミカエルはすごく綺麗なパステルトーンのボトルで、「あぁきっと実物はもっと綺麗に違いない!」と私の頭はミカエル一色だった。コンサルの数日前までは。
ところが、結局選んだのはジェレミエルだった。
ターコイズとオリーブグリーンの色合い、写真で見るとちょっとくどい感じがしたのになぜかあの日手にとってしまったんだよね。

それから今日。んー、改めて見るとやっぱりちょっと派手で強い感じ。強烈。
いや、綺麗は綺麗だし持ってて嬉しいんだけど、ふわんと眺めていられない感覚。
ボトルエネルギーが強いのかなぁ?
別にオールドソウルが弱かったとかじゃなくて、なんていうかあっちは大人、こっちは無邪気な子どもに見える。

でもこれも縁だよねぇ。キライなわけじゃないしなぁ。(当り前だけど。)


オールドソウルが終わったばっかりなのでジェレミエルまで1weekの小休止が必要らしい。
なんかこの方とはじっくり付き合わなきゃいけない予感。
怠け者の私なだけにちょっと不安です。
posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

オールドソウル その後

あの衝撃から数日。

最初の頃の驚きは緩やかに下降して、今はただその色と香りを楽しみながらワークしてる。
ボトルは1/3以下まで目減りして、イエローの色が少し薄くなってきている。

ボトルは、封を開けてワークし始めるとその人のエネルギーと交流して、その人だけのボトルとなっていく。(らしい。)
つまりイエローの変化は私との交流によって起きたもの、ということになる。
そこから気づきを得たりするのもボトルワークの一環らしいけど残念ながら私にはそこまでの気づきがまだ無い。
だけど「なぜ気づきがないのか」についてはなんとなくわかる。
それは私がボトルに頼り切っていたから。

本当に私は依存しいの甘えん坊だ。それも根っからの。
頼れるものならなんでも頼りたいってのが結構染み付いてる。
ボトルを使い始めた時のあの衝撃から得た安心感。
これについていけば大丈夫!みたいな変な寄りかかり思考。

つまり頼りすぎてたんだよね・・・。誰のオーラソーマだっつーの。誰の旅だっつーの。

対等って難しいわー。天秤ぶれまくり。







posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

あれから

本当に大きな地震だった。

あれから、様々な報道でその被害がたくさん映され、目に映るのはただただ絶望的な状況ばかりだ。
あまりのことに言葉にできない。

とりあえず、怖いは怖いしすごーく心配だけどいたずらに不安になっていても仕方ない。
出来ることを全うしよう。
備えて、やれることをやろう。
立ち向かってくれてる人がいるということを、忘れずに生きていこう。

***************


「あさって、群馬に出張にいってきます」

夕方、突然夫に言われて驚く。

またはじまった。いつも唐突すぎる。
つーかなんでこの地震騒ぎ真っ只中の今なの!?

「前から頼まれてたんだよ。だから行ってきます。」

・・・そうですか。

この方はいっつもそうなんだけど、事後報告なんだよね。まぁ、行くなと言われてやめる人ではないのはこの何年かでもうわかりきったことだけど。
それにしたってなぜこの時期もいつもと同じなのだ。もっと前もって言ってくれたっていいではないか。
それでなくても原発騒ぎで不安のよぎるこの最中に大黒柱の不在は心細いじゃないか。

とまぁ、言いたい事は色々ある。
だけど今言っても仕方ないしね。
とりあえず動こう。準備して、連絡手段を決めて、シミュレーションして、それだけやればまぁなんとかなるよね。

活動って素晴らしい。余計なことが吹っ飛ぶから。



posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

息をのむ

オールドソウルとのワーク。

初めてのボトルワークにちょっと緊張しつつ、左手でボトルを振って思わずその変化に声を上げて驚いた。

何がってそのボトルの美しさに。


上下に揺られたその液体は、上層と下層が混じりあって瞬く間に深いグリーンに変わっていった。
そして、留まることなく光の粒を乱反射させながらまた元の場所に帰っていく。

なんて綺麗なんだろう!

たった50mlの液体が私に見せた衝撃だった。

その後、しばらく振ってはボトルを眺めることを繰り返し、やっと右手にとって第3チャクラへ。

ボトルはどんなに強く振ってもあっと言う間にまた元に戻ろうとする。

急げ、急げ。
今!今すぐ手にとって塗らなきゃ!
(この必死ぶりが自分でもおかしい。だけどそれが何かいいのだ。笑)

結局、第3チャクラだけじゃ物足りなくてなんとなーく胸元にも塗ってみたんだけど、そこはもう強烈に効いた。
バラバラだった自分の中の何かが全部元の場所に戻っていくような、浮き足だってた心がすっと治まっていくような、なんとも言えない感覚を味わい本日二度目の衝撃を受ける私。

ビックリ続きの初日、これからどうなっていくのか楽しみだなぁ。



posted by roco at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

B047 オールドソウル

本日、念願のボトルが届いた。

B047.jpg


ボトルはあの日とおんなじ色のまま、私の手の中でゆらゆらしている。
色もそうなんだけど、すごく神秘的な感じがするのね。なんだろーな、これ。

いつもそうなのだけど私はこういう「なんだかよくわからないこと」を言葉に表現するのがすごく苦手だ。
物理的に起きたことや明確になっているデータなんかはともかく、なんかよくわかんないけど不思議とか、好きとか、気持ちいいとか、そういうことになると全然ダメ。

コンサルで言われたのは「楽しいって感覚をどっかに忘れてる」ってこと。
思い当たらないわけではない。
型にはめるので精一杯なんだね、たぶん。
上手くいく様に、損しないように、
一番思うのは、「傷つかなくていいように」って過ごしてる。

何に?って感じではあるけど、でもそれが私にとっての最優先らしい。
でも加えるならそれは今の私ってこと。

明日の私は違うかもしれない。少なくとも、今日は気づいたことだ。
何かに脅えるのは別に愚かなことだけじゃない。
そうじゃなきゃいけなかった理由がきっとある。

そしてそれを見つけることだって結局どこかに繋がってるかもしれない。

これからのボトルワークが楽しみだな、と思った。
わかんないけど、わかんないけど楽しみってことがきっと大事なんだよね。



posted by roco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。